順天堂大学医学部教授の代田浩之氏、講師の宮内克己氏と梶本完氏らの研究グループは、冠動脈バイパス術(CABG)を受けた患者で、メタボリックシンドロームに罹っていた患者は、メタボリックシンドロームに罹っていなかった患者に比べて、長期間の死亡率が高いことを明らかにした。

ログインして全文を読む