米国でテリスロマイシン投与後に肝障害を起こした3症例についての詳細が報告された。肝機能に異常はなく健康だった3人は、テリスロマイシン以外の処方薬を使用していなかったため、この薬剤の肝毒性が強く疑われた。米Carolinas Medical CenterのKimberly D. Clay氏らの報告で、詳細はAnnals of Internal Medicine誌2006年3月21日号に掲載された。

ログインして全文を読む