米国疾病対策センター(CDC)と世界保健機関(WHO)は3月24日、第1選択薬をはじめ、5剤以上に耐性のある結核「XDR(extensively drug-resistant)TB」が、2000〜2004年にかけ、世界中で増加傾向にある、とする調査結果を公表した。

ログインして全文を読む