昭和大学薬学部、聖路加国際病院の研究グループは、食道癌患者の放射線化学療法(CRT)では、シスプラチン(CDDP)を同時併用するレジメンが、ネダプラチン(CDGP)を併用するレジメンよりも費用対効果に優れるという研究結果をまとめた。

ログインして全文を読む