「TG1412」を開発した独TeGenero社、臨床試験を実施した米Paraxel社、試験開始を許可した英医薬品庁(MHRA)が、口を揃えて「想定外」という臨床試験の悲劇は、薬剤開発過程で見落とされがちな様々な問題に目を向けさせることになった。著名医学誌はそれぞれ、エディトリアルやニュースとしてこの事件を取り上げ、何が問題だったかを考察している。

ログインして全文を読む