約7人に1人が)の可能性があることが明らかとなった。さらに調査ではSADの病態への認知度が低く、仕事や生活が妨げられても受診しない傾向があることが明らかとなった。

ログインして全文を読む