今シーズンのインフルエンザ流行が本格的に始まったようだ。国立感染症研究所の感染症情報センターが2005年12月27日に更新したインフルエンザ流行レベルマップによると、第50週(12月12日〜12月18日)には、インフルエンザの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)が流行開始の目安とされる1.0を超え、1.88に達した。熊本県の天草地域と倉敷市の各保健所管轄地域では定点あたり報告数が30を超え、警報レベルに達した。

ログインして全文を読む