ベトナムでH5N1型インフルエンザ・ウイルスに感染、推奨通りの用量と期間を守ってオセルタミビル(タミフル)投与を受けたが死亡した2人の患者から、オセルタミビル高耐性となったウイルスが分離された。英Oxford大学のMenno D. de Jong氏らは、それらの症例を含む、ホーチミン市熱帯病病院でオセルタミビル治療を受けた患者8人の経過をNew England Journal of Medicine(NEJM)誌2005年12月22日号に報告した。

ログインして全文を読む