国立感染症研究所の感染症情報センターが12月19日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第5報によると、12月4日〜12月10日には、全国の学校施設のうち、52施設で学級閉鎖などがあった。児童・生徒の患者発生は13都道府県から報告されており、関東で比較的多い。

ログインして全文を読む