米国厚生省(HHS)の下部組織であるAgency for Healthcare Research and Quality (AHRQ)は12月14日、合併症のない胃食道逆流疾患(GERD)の症状緩和には、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の投与が、胃底ひだ形成術と同等の効果があることを、これまでの研究結果を元にした初の比較調査で明らかにした。

ログインして全文を読む