スイスNovartis社は12月16日、高コレステロール血症治療剤ピタバスタチン(NKS104)の開発を中止する決定をしたと発表した。ピタバスタチンはNovartis社が興和から欧州における権利を獲得して開発を進めていた製品。ピタバスタチンはわが国では興和が2003年7月に製造承認を獲得し、三共とともに「リバロ」の製品名で販売している。

ログインして全文を読む