急性脳卒中後、半身麻痺になった患者の血中ビタミンD代謝物を測定したところ、発症から間もない時期でも、患者の77%にビタミンD不足があることが示された。英Addenbrook病院のKenneth E.S. Poole氏らの研究成果で、詳細は、Stroke誌電子版に2005年12月1日に報告された。

ログインして全文を読む