米国疾病対策センター(CDC)は12月9日、2004年に報告された麻疹発症者数が全米で37人と、過去最少を記録したことを明らかにした。それ以前の最少報告数である2002年の44人から、さらに16%減少している。

ログインして全文を読む