持田製薬(本社:東京都新宿区)は12月12日、2003年4月から進めていた高脂血症治療剤「エパデール」(一般名:イコサペント酸エチル)のアルツハイマー型認知症を対象とした臨床初期フェーズ2試験が終了したと発表した。

ログインして全文を読む