第18回日本内視鏡外科学会総会最終日12月9日の一般口演で、視野が限られ、距離感も取りにくい鏡視下手術の技術習得をどうするか、高価な専用トレーニング装置の購入が難しい市中病院での工夫が相次いで発表された。

ログインして全文を読む