米Brigham and Women"s HospitalのPhilip S. Wang氏らは、非定型抗精神病薬と定型抗精神病薬を比較し、高齢者の死亡リスクは、定型薬が非定型薬の1.3〜1.7倍であることを明らかにした。詳細は、New England Journal of Medicine(NEJM)誌2005年12月1日号に報告された。

ログインして全文を読む