中高年女性のHIV感染については、本人はもちろん、メディアや医療関係者もあまり重要視していない−−。このような問題意識のもと、初診時に50歳以上だった女性のHIV感染症例を調べたところ、14例中8例(57%)もが、夫やパートナーの感染・発症をきっかけに感染が発覚していることが分かった。閉経後の女性だからという理由で、医療機関における診断の遅れが発生する恐れも指摘された。東京都立駒込病院の堀成美氏が12月1日、セッション「普及啓発教育」で発表した。

ログインして全文を読む