今年の欧州リウマチ学会で最も注目を集めた大規模比較試験であるBeSt試験のサブ解析が本学会では多数報告された。その1つとして、本試験で中心的役割を果たした1人であるライデン大学(オランダ)のGoekoop Ruiterman氏から、試験に参加した患者の治療満足度に関するアンケート調査結果が報告された。本演題は11月16日のポスターセッションで発表された。

ログインして全文を読む