今年の欧州リウマチ学会で最も注目を集めた大規模比較試験であるBeSt試験のサブ解析が本学会では多数報告された。その1つとして、ライデン大学(オランダ)のSjoerd Kooij氏は11月16日のConcurrent Sessionで、本試験結果をもとにメトトレキサート(MTX)不応例に対する次の治療薬選択について発表した。

ログインして全文を読む