メタボリックシンドロームは、急性心筋梗塞(AMI)後の次の心臓イベントの独立した予測因子であることが報告された。AMI後の症例を対象にメタボリックシンドロームの影響を調べた研究で分かったもので、大阪大学の坂田泰彦氏(写真)らが11月13日、米国心臓協会学術集会でセッション「Acute Coronary Syndromes - Outcomes」で発表した。

ログインして全文を読む