クエン酸シルデナフィルを有効成分とする「レバティオ」を肺動脈高血圧症患者に12週間投与する臨床試験で、6分間の歩行距離が13〜15%伸び、平気肺動脈圧や心機能などにも有意な改善が見られたとする臨床試験の結果が、New England Journal of Medicine(NEJM)誌2005年11月17日号に報告された。2005年6月に米国で肺動脈高血圧症患者への適用許可を得た承認に用いられた臨床試験の結果で、伊Bologna大学のNazzareno Galie氏らの研究。クエン酸シルデナフィルはED治療薬「バイアグラ」の有効成分としてよく知られている。

ログインして全文を読む