海外に比べ生活習慣、イベント発症リスク、医療環境の異なる日本において、あえて積極的な脂質低下治療を行なうまでもなく、メバロチン(一般名:プラバスタチン)の心血管系疾患に対する1次予防効果が得られることが明らかになった。

ログインして全文を読む