横浜市立大学大学院医学研究科病態免疫制御内科学教授の石ヶ坪良明氏(写真)らは全身性強皮症患者の血行障害を対象に自家骨髄細胞の移植を行うことで症状を改善させることに成功した。バージャー病や動脈硬化性閉塞症などの血行障害性疾患で自家骨髄移植はかなりの件数が行われているが、強皮症を対象にしたもので効果が確認されたのは稀なケースになる。成果は11月16日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Session 「Translational Approaches to Scleroderma」で発表された。

ログインして全文を読む