非プリン系キサンチンオキシダーゼ選択的阻害剤のフェブキソスタットがプラセボやアロプリノールよりも痛風患者の血清中の尿酸レベルを強く下げることが大規模臨床試験APEXの結果が明らかとなった。11月16日に開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Abstract Session 「Crystals and Bugs in the Rhematic Diseases」で米国Oklahoma大学のR.L.Wortmann氏(写真)らが試験の結果を発表した。

ログインして全文を読む