自治医科大学附属大宮医療センターの浅沼ゆう氏(写真)と米Vanderbilt大学準教授のC.Michael Stein氏らの研究グループは、全身性エリテマトーデス(SLE)患者でオステオプロテグリン(OPG)値が上昇していることを見出した。成果は11月16日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR/ARHP Poster Session C 「26.clinical aspects」で発表した。

ログインして全文を読む