ステントの長さ、喫煙、高感度C反応性タンパク質などが、糖尿病患者における薬剤溶出ステント留置後の再狭窄の予測因子であることが報告された。韓国Korea University Anam病院のSoon Jun Hong氏らが11月16日、セッション「Obesity、Metabolic Syndrome、and Diabetes」で発表した。

ログインして全文を読む