関節リウマチ(RA)の医療関連支出には、投薬や手術など疾患の治療に対する直接的な支出のみならず、患者の身体活動性が低下することにより生じる間接的な経済負荷(生産性・労働性の低下など)が影響を与えることは広く知られている。わが国の大規模なコホート研究「J-ARAMIS」の解析結果から、RAの医療関連支出はRA疾患活動性や患者QOLと高い相関を示し、早期から積極的治療を行うことで支出の抑制につながる可能性が示唆された。11月14日のポスターセッションにおいて、東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターの田中栄一氏により発表された。

ログインして全文を読む