関節リウマチ(RA)に対する抗TNFα薬の優れた臨床効果が世界各国より報告されている。しかし、新規薬剤であるが故に、長期予後に関する研究は少ない。米スタンフォード大学のKaleb Michaud氏らは、National Data Bank for Rheumatic Diseasesからインフリキシマブなどの抗TNFα薬の長期投与例を抽出し、死亡リスクの分析を行った。本演題は、11月14日のポスターセッションで報告された。

ログインして全文を読む