インフリキシマブを用いた大規模無作為化比較試験「START」において、DAS28スコアを用いた寛解導入率を解析したところ、インフリキシマブ群ではメトトレキサート(MTX)群に比べて寛解導入率が2倍も高かったことが明らかになった。この解析結果を、アリゾナ州立大学(米国)のDavid Yocum氏らが、11月14日のポスターセッションで報告した。

ログインして全文を読む