ベルギーGhent大学とベルギーAblynx社のグループは、腫瘍壊死因子(TNF)に対するラクダ抗体の重鎖可変領域遺伝子を取り出して作製したたんぱく質2つとアルブミンに結合するたんぱく質を化学的に結合させたNanobody(3F-3F-MSA21)と呼ぶ化合物の作製に成功、動物モデルでエタネルセプトよりも高い効果を示すことを明らかにした。成果は11月15日に開催された米国リウマチ学会のACR/ARHP Poster SessionB「21.RA-animal models」でGhent大学のKen Coppieters氏(写真)が発表した。

ログインして全文を読む