米国Virginia大学のDonald L.Kimpel氏(写真)らと米Adenosine Therapeutics社の研究グループは、高度選択的にアデノシンA2A受容体に結合しアゴニスト活性を発揮する化合物であるATL313(4-{3[6-Amino-9-(5-cyclopropylcarbamoyl-3,4-dihydroxy-tetrahydro-furan-2-yl)-9H-purin-2-yl]-prop-2-ynyl}-piperidine-1carboxylic acid methyl ester)の開発に成功、動物実験で効果を確認した。

ログインして全文を読む