関節リウマチ治療の第一人者として知られる、英国Imperial College名誉教授のSir Ravinder Maini氏(写真)は、13日に行われた学会開幕講演で、「1980年以降続いているリウマチ治療に関する生物学的革命は、今後、治癒を達成する可能性を秘めている」と語った。同講演の表題は、「科学、技術と臨床医療の架け橋:関節リウマチの新治療法の発見」だった。同氏は、Marc Feldmann氏と共に抗TNF療法の開発に貢献し、1990〜2002年までロンドンのKennedy Institute of Rheumatologyの所長を務めたことで知られている。

ログインして全文を読む