オランダOrganon社とオランダUniversity Medical Center,Nijmegenのグループは遺伝子組み換えヒト軟骨糖たんぱく質-39(Org39141)の活動性関節リウマチを対象にしたフェーズ1臨床試験で有望な結果が得られたことを明らかにした。フェーズ2試験も近く終了する予定だという。これは11月14日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のポスターセッション「RA treatment-biologics and gene therapy」でOrganon社のJos Housbiers氏(写真)が発表したものだ。

ログインして全文を読む