完全ヒト抗腫瘍壊死因子抗体製剤アダリムマブが強直性脊椎炎に有効であることを示す、長期大規模臨床試験の結果が発表された。米国と欧州で行われたフェーズ3臨床試験(ATLAS)の結果で、11月14日に開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Session 「Spondylarthropathies and Psoriatic Arthritis」でオランダUniversity Hospital MaastrichtのD.Van der Heijde氏(写真)が発表した。

ログインして全文を読む