米Immunomedics社が開発を進めている抗CD22抗体製剤エプラツズマブが原発性シェーグレン症候群を対象に安全で有効なことを示したフェーズ1/2臨床試験の結果が発表された。米国リウマチ学会で11月14日に開催されたACR セッション「Sjogren"s Syndrome-Molecular Insights」でベルギーErasme University HospitalのS.D.Steinfeld氏(写真)が発表した。

ログインして全文を読む