米国心臓学会(ACC)、米国心臓協(AHA)、心血管造影・インターベンション協会(SCAI)の3学術団体は11月13日、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)のガイドライン2005を公表した。2001年のガイドラインを大幅に見直し、「4年間という短い間に劇的に進展したPCIの技術、デバイス、薬物療法などの知見を反映させた」(ガイドライン作成委員長のSidney C. Smith氏、写真)ものとなった。

ログインして全文を読む