85歳以上の高齢者に対するPCI(経皮的冠動脈インターベンション)の実施例は増えているが、膨大なデータベースの分析から、狭心症の重症度が重い、高血圧の割合が高い、などの臨床像が浮かび上がった。Emory大学のEmir Veledar氏(写真)が11月13日、セッション「Age and Gender: Health Policy and Outcomes Research」で発表した。

ログインして全文を読む