11月12日、カリフォルニア州サンディエゴで米国リウマチ学会(ACR2005)が始まった。腫瘍壊死因子を阻害する生物学的製剤の登場で大きく治療の変わったリウマチ、自己免疫疾患関連の最新状況が報告される。

ログインして全文を読む