11月8日、第1回のアスタキサンチン研究会(会長は京都府立医科大学大学院医学研究科教授・吉川敏一氏)が開催され、眼精疲労の緩和効果を示す研究などの発表が相次いだ。アスタキサンチンはサケ、タイなどの魚に含まれる赤色のカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用で注目されている成分。

ログインして全文を読む