αリポ酸についての基礎、臨床研究を進めるαリポ酸研究会が11月7日に発足した。発起人となったのは、京都府立医科大学第一内科教授の吉川敏一氏ら。「市場で急速に人気の高まるサプリメント素材のαリポ酸について、早急に企業ほかの協力を募り、研究体制を整えて、基礎・臨床のエビデンスを出していくのが目的」(吉川氏)だという。2006年6月にも最新研究データを集約した学術集会を開催する予定。

ログインして全文を読む