ホノルルで開催された第70回米国消化器病学会最終日の11月2日、「東と西の違い」をテーマに、モーニングセッションが開かれた。日本の胃がん治療の現状について獨協医科大学学長の寺野彰氏が、米国の食道がんの予防に関して米国・テキサス大学南西医療センターのStuart J.Spechler氏が紹介した。

ログインして全文を読む