ホノルルで開催されている第70回米国消化器病学会のポスターセッションで10月31日、過敏性腸症候群様症状を来した患者が、実は果糖不耐性(吸収不全)だったとの症例報告があった。米国・退役軍人医療管理センターのJigna N.Thakore氏が発表した。

ログインして全文を読む