米OSI Pharmaceuticals社と米Genentech社は11月2日、分子標的型抗がん剤であるエルロチニブ(商品名:Tarceva )の膵臓がんへの適応拡大が米食品医薬品局(FDA)によって認可されたと発表した。化学療法を受けたことのない、進行膵臓がん患者を対象に代謝拮抗型抗がん剤の塩酸ゲムシタビンと併用投与する製品として認可された。OSI社は7月に適応拡大申請が受理されたことを発表しており、約4カ月で認可されたことになる。

ログインして全文を読む