クロアチア・レブロ大学のBoris Vucelic氏は10月31日、ホノルルで開催されている第70回米国消化器病学会の一般口演で、従来より短時間で大腸内視鏡検査を行える新たな内視鏡を開発し、人での臨床応用を行ったと発表した。

ログインして全文を読む