厚生労働省が10月27日にまとめた医薬品・医療用具等安全性情報によると、医薬品による重篤な皮膚障害が約2年間で905件発生していることが分かった。このうち一般用医薬品が原因と考えられる報告は61件に上っており、医療用医薬品同様に注意が必要になっている。

ログインして全文を読む