侵襲性の低い乳房温存手術でも術後の痛みの発生頻度は切除術後と大差なく、しかも、主治医から「手術をしたのだから(痛くても)仕方がない」などと言われ、あきらめている患者が多いことがわかった。北里大学医学部麻酔科チーム緩和の的場元弘氏らが、「乳房切除患者2000名に対する乳房切除後疼痛症候群についてのアンケート調査の検討」と題して発表した。

乳房温存手術後の痛みは切除術と変わらずの画像

ログインして全文を読む