わが国の腎がん患者の患者数が増えている可能性が明らかとなった。腎癌研究会が2002年に行った全国調査の結果から明らかになったもので、調査の詳細が10月26日に名古屋市で開催された日本癌治療学会総会口演34「腎臓」のセッションで、東京医科歯科大学市川総合病院泌尿器科の丸茂健氏によって発表された。

日本の腎がん患者数は増えている、早期患者検出増だけでなく進行した患者も増えている可能性の画像

ログインして全文を読む