救急救命士による早期除細動とその後の軽度低体温療法の実施により、社会復帰に至った院外心室細動の1症例が報告された。10月21日のCase Reportsで山口大学の笠岡俊志氏らが発表した。

ログインして全文を読む