東北大学病院老年・呼吸器内科助教授の山谷睦雄氏らは、ステロイド、マクロライド系抗生物質、プロトンポンプ阻害剤、喀痰調整薬のカルボシステインがライノウイルスの感染を抑制し、ヒト気管上皮細胞培養液へのライノウイルス放出を減少させ、上皮細胞内のウイルスRNAの複製を抑制できることを見出した。

喘息やCOPDの急性増悪に関与するライノウイルス感染を4種類の薬剤が抑制の画像

ログインして全文を読む