「健康診断の方法を工夫することで、27.9%だった医師の健康診断の受診率を、5年で99.6%まで引き上げた」(図1)。東京医科大学医療情報学講座の大原達美氏は、10月20日に開催された日本健康科学学会第21回学術大会でこんな成果を発表した。

厳しいペナルティで医師の健診受診率アップに成功の画像

ログインして全文を読む